無料塾生登録で、講義動画20本が見放題!

苗作り
稲作の一年

米の品質や収量に大きな影響を与える最重要工程

稲作には、苗半作(なえはんさく)という言葉があります。良い苗が作れるかどうかで、その年の作柄が半分は決まってしまうという喩えです。それだけ苗作りは、品質や収量などに大きな影響を与えるのです。ここでは、苗床(なえどこ)作り・播種(はしゅ)・育苗(いくびょう)の各工程の流れを学びます。

苗床(なえどこ)作り

苗床には、「水の量が管理しやすい」「日当たりがよい」「風あたりが少ない」などの環境が必要です。また、地面を均平にすることは揃ったいい苗を作るために大変重要です。

苗床(なえどこ)作り

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

播種(はしゅ)

種まきにあたる播種には、ベルトコンベア式の播種機を利用することが一般的です。また、苗には育苗の様式によって、乳苗、稚苗、中苗といった区別があり、それぞれの様式により、播種量が異なります。

播種(はしゅ)

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

育苗(いくびょう)①出芽期

播種後、芽が覆土から出揃うまでの期間を「出芽期」といいます。出芽には電気ヒーターや蒸気で加温する育苗器を使用します。育苗器では、2日間の間30~32度の温度を保ち、一斉に出芽させます。

育苗(いくびょう)①出芽期

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

育苗②緑化期

育苗器で芽の長さが1㎝になったら、ハウスに移し並べていきます。暗いところで芽を出した苗を少しづつ外の環境に慣らしていくのが緑化期です。ハウスへの搬出へは日差しの強い時間帯は避けることや、徒長苗・苗ヤケにならないよう温度管理を徹底することが大切です。

育苗②緑化期

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

育苗③硬化期

苗の長さが10cm程度(中苗の場合)になったら、苗作りの最終段階である硬化期に入ります。外気に慣れさせるため、ハウスを開け閉めしながら温度管理を行います。

育苗③硬化期

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

関連コンテンツ

カリキュラムナビ

    • 大カテゴリ一覧
    • 中カテゴリ一覧

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内

ページ先頭へ戻る