収穫後の水田整備
稲作の一年

収穫作業が終わったら、次の年のために必要な圃場の整備を行います。ここから、また稲作の1年が始まるのです。

【収穫後の水田整備】カリキュラム

秋耕(しゅうこう)

圃場に残ったわらや籾摺りしたもみ殻などの有機物を、 秋のうちにすき込み分解を促進させることで、 堆肥施用同様の効果を生み、収穫後の地力低下を防ぎます。 また、ワラを早く分解させることで、 来年の代かきの際にワラが浮くのを防ぐことにもなります。

秋耕(しゅうこう)

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

Tags

秋耕

関連コンテンツ

カリキュラムナビ

    • 大カテゴリ一覧
    • 中カテゴリ一覧

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内