無料塾生登録で、講義動画20本が見放題!

種もみ準備
稲作の一年

元気な苗は、元気な種もみから

種まきにあたる播種(はしゅ)を行う前に、まず種もみに対する準備をします。ここでは、充実した種もみを選別する塩水選(えんすいせん)、病害を防ぐ種子消毒、発芽を促進させる浸種(しんしゅ)の方法を学びます。

塩水選(えんすいせん)

播種を行う前に、充実した種もみを選別する必要があります。種もみの中の「胚乳」に栄養が詰まっているものを選ぶことで、発芽から活着までの初期成育がよくなり、最終的な多収につながります。

塩水選(えんすいせん)

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

種子消毒

いもち病、ばか苗病、もみ枯細菌病など、種子伝染する病害を防除するために、種子消毒の徹底は大変重要です。消毒方法には、種子消毒剤を使用する方法と、60度のお湯に10分間つける温湯消毒があります。

種子消毒

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

浸種(しんしゅ)

浸種は、種もみに水分を吸収させることで、種の中のでんぷんを分解してブドウ糖を増やし、発芽を促進させるための作業です。水の温度は10度から15度の間を保つようにし、期間は積算温度で100度を目安にします。

浸種(しんしゅ)

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

関連コンテンツ

カリキュラムナビ

    • 大カテゴリ一覧
    • 中カテゴリ一覧

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内

ページ先頭へ戻る