スマート農業
栽培技術

スマート農業とは、ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力・軽労化や高品質化を実現する技術です。ここでは、水管理、自動運転、ドローン技術、営農支援システムなどが実際の稲作の現場でどのように役立っているのかを学んでいきます。

【スマート農業】カリキュラム

スマート農業の現状と今後の課題-稲作関連-

今後の発展が期待されるスマート農業の見通しを学びます。GPS技術による農業機械の自動化・無人化、ドローンによるセンシング・農薬などの散布、センサーなどと各種農業機械の作業データを統合した営農支援システムなど。

スマート農業の現状と今後の課題-稲作関連-

講師

氣多 正/一般社団法人 日本農業機械化協会 専務理事

塾生の方は、「受講する」ボタンをクリックすると動画講義専用サイトの該当動画へジャンプします。
動画をご覧になるには専用サイトへのログイン(月額500円)が必要です。

関連コンテンツ

カリキュラムナビ

    • 大カテゴリ一覧
    • 中カテゴリ一覧

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内