代掻きもいらない!?「ドローン湛水直播」
ニュース

直播は日本でも定着することができるか?

直播が安定的な収穫ができるようになれば、育苗作業の全てが省略されて、省力・低コスト化され、儲ける稲作が実現できるようになります。でも、まだ成功率など様な不安があり直播に踏み切れない農家さんも多いのではないでしょうか。しかし、すでに米国では直播は当たり前で、「ドローン湛水直播」の方法も増えてきているといいます。圃場が乾いた状態で整地し、その後で水を張り、鳩胸状になった種もみをドローンで播くとのこと。にわかには信じられないと言う方も多いと思いますが、日本でも、育苗期の大幅な省力化が期待できるこの「ドローン湛水直播」のチャレンジが始まっているそうです。

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内