無料塾生登録で、講義動画20本が見放題!

「20**年○月上旬」という精米時期に表記変更される?
ニュース

2022年以降は精米年月日から、精米時期へ

2020年6月1日から施行される食品表示法・食品表示基準の改正に伴い、 お米の販売の表示に関する部分が変更となります。 消費者としては「年月日の方がいいのでは?」という意見も聞こえてきますが、 これは、食品ロスの削減や物流の効率化を見越しての改正とのこと。 すでに「精米年月日」での米袋を作ってしまった! という農家さんのために、 経過措置期間が2022年3月31日まで設けられています。 2年間は「精米年月日」の表記でも可能ですが、 2022年4月以降は「精米時期」へ変更されます。 直販されている農家さんは、新しい米袋に切り替える際の表記対応をお忘れなく!

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内

ページ先頭へ戻る