無料塾生登録で、講義動画20本が見放題!

生育状況はドローンで管理
ニュース

上空からの撮影画像で、生育状態を分析

最近では幅広い「スマート農業」が展開されていますが、その中でもドローンは多岐に渡って活用されています。山田錦で有名な兵庫県では、酒米の生育状況をドローンを上空に飛ばし、撮影した写真から解析しているそうです。時期は、田植え後、8月、収穫前ということで、定期的にデータを蓄積していくことで、今後の栽培に役立てるのだとか。 どのように「スマート農業」を活用していくか、地域や生育条件に合わせながら組み合わせていきたいですね。また一人だけでは機材購入やデータ量が少なくても、地域全体で取り組むことでまた新たな視点が見えてくることもあるでしょう。どんなデータが蓄積されていくか、今後が楽しみですね。

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内

ページ先頭へ戻る