無料塾生登録で、講義動画20本が見放題!

コロナに負けない! 田んぼアート
ニュース

話題の田んぼアートについてまとめました

近年観光客にも人気となっている「田んぼアート」をご覧になったことはありますか。 色の異なる苗を植えることで出来上がる「田んぼアート」。始まりは、1993年青森県にある田舎館村で町おこしだったそうですが、その後、全国に広がり現在では観光資源のひとつとして活用されるようになりました。2020年は新型コロナの影響で田んぼアートを行わないところも出てきているようですが、収穫前で田んぼアートもかなり手の凝ったものが出てきています。農家さんの熱き思いも感じます。田んぼアートを通して、お米に関心を持って食べてくる人が増えるといいですね。

そこで今回は、過去の作品も含め、近年の田んぼアートニュースをまとめてみました。田んぼアート、なぜか癒されますね。

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内

ページ先頭へ戻る