無料塾生登録で、講義動画20本が見放題!

環境に配慮した「バイオマス」および「生分解性」素材の米袋が新登場
ニュース

できるところから環境のことを考えてみよう!

今みなさんが使われている「米袋」はどんな素材を使っているか把握していますか?
2020年7月からスタートしたレジ袋の有料化ですが、それに伴い各社様々な取り組みが注目を集めています。お米の栽培も減農薬や無料役など環境を配慮して栽培の努力もされている方も多くなりましたが、米袋にも実は環境に配慮した素材を選びたいものです。

⽶袋を中⼼とした包材メーカー株式会社マルタカは、環境に配慮した「バイオマス」および「生分解性」素材を使⽤したお⽶⽤パッケージの新製品を発表、発売開始しました。 パッケージに対する消費者の意識が変わり始めています。昔からの紙米袋は湿気を吸収してくれるので今でも使われている人も多いと思いますが、これからはどんな米袋を使っていくのかは重要な選択ですね。。

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内

ページ先頭へ戻る