疎植・密苗
栽培技術

移植体系そのままにコストと労力を削減

苗箱数の削減を目的とした疎植密苗栽培は、生産コストと労力の削減に非常に有効な栽培法です。従来の移植体系を崩さずに取り組める点で実用性も高く、注目を浴びています。
ここでは実際の栽培試験の事例をもとに、慣行栽培とのコスト、収量、品質等の比較、また栽培時の注意点などを学びます。

疎植と密苗-苗箱数を減らして労力・コスト削減-

苗箱数の削減を目的とした疎植密苗栽培は、生産コストと労力の削減に非常に有効な栽培法です。従来の移植体系を崩さずに取り組める点で実用性も高く、注目を浴びています。

ここでは実際の栽培試験の事例をもとに、慣行栽培とのコスト、収量、品質等の比較、また栽培時の注意点などを学びます。

疎植と密苗-苗箱数を減らして労力・コスト削減-

関連コンテンツ

カリキュラムナビ

    • 大カテゴリ一覧
    • 中カテゴリ一覧
ページ先頭へ戻る