冬に撒いて待つだけでよくなる?
ニュース

実用化を目指した「イネの初冬直播き栽培」

稲作の当たり前になっている「育苗」ですが、これをしなくていい! となると大幅な労力カットになりますよね。そんな「育苗」が近い将来、本当になくなる日がくるかもしれません。5月30日に発売された産経新聞によると、岩手大学の下野裕之教授が10年以上の研究の末、「イネの初冬直播き栽培」の実用化に大きく近づいたと発表されました。 これまで鉄粉を種籾にコーティングしていたのですが、あるものに変えたことで出芽率が40%にまで高くなったのだとか。今すぐに実用化は難しいとのことでしたが、業務用米と飼料用米に向いているのでは? との考えもあるそうです。長年の研究の成果が出るまであと一歩! 稲作の明るい未来が見えてくるようですね。続きはぜひ産経新聞のサイトでご覧ください。

動画講義のご案内

動画で学ぶ、儲ける稲作。

「お米未来塾」は、1本15分前後の講義動画によるeラーニングサービス。
「収量UPの栽培ノウハウ」「生産性向上の経営ノウハウ」など、ご自身が気になるテーマから視聴可能。最新情報も随時更新されていきます。

  • 気軽

    いつでも どこでも月額500円で学べる

  • 役立つ

    講師は専門分野のスペシャリスト

  • 頼りになる

    必要な情報が常にアップデート

無料視聴動画講義のご案内